〒987-0602 宮城県登米市中田町上沼字西桜場18番地
  電話番号:0220-34-2546  FAX番号:0220-34-2504
 

登米市業務改善加速事業実施の趣旨

平成29年度 文部科学省委託事業
「登米市学校現場における業務改善加速事業」実施報告書 「はじめに」より
 いじめ·不登校など生徒指導上の課題や、特別な配慮を必要とする児童·生徒への対応など、学校が抱える課題が複雑化·困難化する中、本市では学力向上についても重点施策として取り組まなければならない状況となっています。
 そのため、教員が誇りや情熱をもって使命と職責を遂行できる環境づくりを推進するため、教員の担うべき業務に専念できる環境を確保し、長時間勤務という働き方を改善しなければなりません。
 本市では、教員の多忙化解消と学力向上の方策を両輪で推進する必要があると考え、子供と向き合う時間を確保するための具体的な研究課題を設定した実践的な研究にっいて、文部科学省から委託を受け、実施したものです。
 実施するにあたって、学力が高い小·中学校では、教員の子どもと向き合う時間が確保されている、という仮説を立て、「やりがいの向上による多忙化の緩和と業務の負担軽減及び効率化による多忙化の軽減」を図るにはどうしたら良いか、という実践研究を実施することとしたものです。
 

「信頼され魅力ある教育環境づくり」

第5回登米市総合教育会議(H29.8.10)より
1.学校教育における課題解決に向けた取組
(1)学力向上

 ①教育研究所の運営

 ②夢や希望を育む志教育

 ③業務改善加速事業

(2)不登校の解消

 ①けやき教室の運営
 ②心のケアハウス
(3)いじめ防止

 ①防止体制の整備
 ②生徒指導の充実
 ③関係機関との連携

2.地域との協働による教育環境整備
(1)学校·地域教育力向上対策事業

 ①地域の教育力を学校の教育活動に

(2)地域とともにある学校づくり

 ①コミュニティ・スクールの導入

3.児童·生徒の実情に応じた望ましい教育環境整備の推進
(1)児童·生徒が社会の形成者としての基本的資質を伸ばせる学校の実現

 ①公立小学校・中学校の規模及び配置について

 ②登米市が目指す学校像

 ③学校の適正規模・適正配置の基本的な考え方

(2)児童·生徒の教育環境に対する保護者の考え

 ①教育環境が抱える課題解決

 ②座談会の実施状況
 ③意見の交換を通して
(3)望ましい教育環境整備に向けた取組

 ①座談会・説明会の実施


 

業務改善加速事業

・登米市内の幼稚園・小・中学校の「業務改善情報」を募集しています!
・「校務の情報化」を協働で推進しましょう!

【提案方法について】
下記項目について記述し、活き生き学校支援室庶務宛
電子メールにて送付ください。

メール件名:【〇〇学校】業務改善案について
(1)タイトル
(2)ファイル形式
(3)ファイルサイズ
(4)作成者氏名
(5)
所属所名
(6)
改善内容

 
各学校からの情報 >> 記事詳細

リンク

学校における働き方改革に関する緊急対策の策定並びに学校における業務改善及び勤務時間管理等の取組の徹底について(通知):文部科学省

「学校現場における業務改善のためのガイドライン」の公表について
 報道発表資料 平成27年7月27日<文部科学省>

学校における業務改善について:文部科学省

宮城県教育委員会 学校体育トップページ 
「部活動ガイドライン」
 
運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン(スポーツ庁)
 
109