登米市教育研究所運営方針

生涯学習の視点に立ち,登米市の教育の活性化を志向する。未来の大人である子どもたちが,どのような逆境にあろうとも,“登米人”として,自分自身の未来を力強く生き抜く必要がある。そのためには,「人おこし」が大事。そこで,宮城県教育委員会,宮城県総合教育センター,宮城教育大学等との連携を図り,創意と主体性のある研修と教育研究を推進するため,以下のことを運営方針とする。

(1) 
教員の資質向上を目指す研修の推進
確かな学力の定着・志を貫くための自己実現に向かう子どもたちの育成を図るため,教員の資質向上を目指し,指導方法の工夫・改善など専門的・実践的な研修の推進に努める。
(学力:各教科における課題解決能力と道徳や特別活動における社会性)
(自己実現・心の復興:自立のために忍耐や努力を惜しまず,自分を表現していく)
(2)教育相談機能の充実
児童生徒・保護者等市民の要請に応える教育相談を推進するとともに,特別支援教育訪問相談の充実に努める。
(3)研究員制度による人材の育成
登米市教育の一層の振興を図るため,幅広い視野と経験,生きた知識・能力を発揮し,教育課題等の解決に積極的に取り組む人材の育成に努める。
(4)青少年育成機関との連携の推進
社会の中でたくましく生き抜く子どもたちを,地域全体ではぐくむために,市内の青少年育成機関と連携・協働した研修の推進に努める。
(5)情報教育の一層の推進を目指した研修の推進
ICTを活用した指導法の改善や情報化を図るための研修の充実に努める。
(6)事業内容の啓発
様々な方法・手段を講じ,当研究所の事業内容の啓発に努める。